ポスター1

2017年7月21日金曜日

暑い時こそ!

就活生のみなさま
こんにちは。暑い日が続きますが、いかがお過ごしですか?
こんな時こそ、食事に気をつけて夏を乗りきってくださいね。

なぜ、食事の話をしたかというと・・・
私が就職した頃のことです。2年目で転勤を経験しました。最初はなんてことはなく、珍しさもあって、仕事が終わってからよく遊びに出かけていました。
ところが三か月過ぎたあたりから体調が悪くなってきたのです。
今思うと緊張と食生活の乱れとが重なっていたんでしょうね。ある日、ついにダウンして会社を休んでしまいました。朝から夕方まで寝たまま。何か食べねばと思いつつ、食べる元気もなくという状態だったのですが、何かで聞いた「夏こそスープで栄養をまるごと吸収!」みたいなことを思い出し、必死になってコンソメ味のスープを作りました。
でも不思議なもので温かいものを食べてちょっと楽になったんですね。
別にスープを勧めるわけではないですが、(笑)皆さまも食生活を見直して就活に全力で臨んでくださいね!

大阪新卒応援ハローワークは準備万端整えて、皆さまのご来所をお待ちしていまーす。

                               By たかゆー


2017年7月20日木曜日

就活でこころが凹(へこ)んだら

こんにちは。昨日近畿地方の梅雨明けが発表されましたね。いよいよ夏本番。来年3月大学や短大等を卒業される学生の方の就活も正念場です。
今日は、希望の会社の選考がうまくいかなかったりして心が凹んだ時、どうしたらよいのかについて考えてみたいと思います。

就活の面接などで通らないとき、特にせっかく最終選考まで進めたのに、最後で内定が出ないと本当にしんどいですよね。もう就活やめてしまおうかなって思うこともあると思います。

そういう意味では、就活は「登山」のようなものと言えるかもしれません。もうすぐ頂上に着くと思って頑張って登ったら、まだ先があったという経験ありませんか。そういう時ガックリしてしまいますよね。心が折れそうになったり、くじけそうになったり、もう下山してしまおうかと思ったり。そういう時ってどうしたらよいのでしょう。

そういう時は、私なら近くの岩場に腰をおろし冷たいお茶を飲んでまず一服。甘いチョコレートでもあったら一口味わう。そよ風にあたり汗を拭く。今まで登ってきた道を振り返ると、ずいぶん高いところまで登ってきたことが見えてくる。まだ頂上には着いていないけど、結構な高さまで来ている。七合目くらいかな。「まだ七合目」ではなく「もう七合目、頂上まであと少し」と捉える。これまで登ってきた道が無駄ではなかったと思えてくる。
就活でもまだ結果はでていないけれど、選考を突破する力は確実に付いてきていると感じませんか。

 何社か受けて通らないと、「自分はダメなんだ」「自分は就職できないに違いない」とか思いがち。これは「ネガティブ思考」。そんな時「自分は絶対合格できる」と思いたい。これは「ポジティブ思考」。でもそう思おうとしても心がついていかない。そういう時は「ヘルシー思考」(健全思考)をやってみませんか。例えば・・・

「まだ満足できる会社の内定はないけど、学んだこともたくさんある。就職活動を通じて自分は成長している。人手不足の会社は増えておりハローワークにも新しい求人が出てきているし、これから夏採用も秋採用もある。このまま続ければ頂上にたどり着ける可能性は十分にある。」


内定獲得がゴールではありません。本当のスタートは働き始めた時。仕事で心が折れそうになることもきっとあると思います。そんな時、就活で苦労した体験、悩んだ体験がきっと役に立つと思います。「失敗は成功の母!」です。諦めないことが頂上に到達するコツです。 

 (S.O)

2017年7月19日水曜日

京の風物詩・・・その1 祇園祭

こんにちは^^

私の住んでいる京都市内(街中)、先日の3連休は人・ひと・ヒトで溢れていました!!
というのも・・・京の三大祭りの1つ、「祇園祭」の前半のクライマックスである宵山・鉾巡行が行われていたからです。

今回はこの祇園祭のことについて少しお話をしたいと思います。

このお祭りの言われは、はるか昔、京の都に「疫病」が流行り、それを鎮めるために牛頭天王を祀る八坂神社を中心に祭事を始めたのが始まりだと言われています。
現在の形になったのは、室町時代に町衆(商売を行っていた人)がその町内の羽振りの良さを示すために、山・鉾を絢爛豪華に飾り、それが今に伝わっているそうです。

そのため、現在も山鉾は「動く文化財(調度品)」と言われています。

そして、山鉾一つひとつに守り神があります。今年、山1番に選ばれた占出山は安産の神様なので、今年のお産は軽くて済むとの謂れもあるようです。

また、八坂神社の家紋が「きゅうりの切り口」に似ているため、この祇園祭期間中(7/1~7/31)、八坂神社の氏子はきゅうりを食べないという謂れもあります。

このようにいろいろな謂れがある祇園祭です。

4年前から本来の形である、前祭(さきまつり)・後祭(あとまつり)に分かれて行われています。まだ行っていない方は、7/18~鉾立てが始まり、7/22・23が宵山、7/24が巡行です。

ちなみに「あとのまつり」という言葉の語源は、ここからきているそうです。


暑い時期ですが、就活の息抜きに歴史を感じながらお祭りを楽しんでみてはいかがですか?



≪ O.A ≫

2017年7月18日火曜日

★職業選択についてひとりごと★

毎日暑い日が続いていますね。

祇園祭りに天神祭り、各所で開催される花火大会。など夏が真っ盛り!
いつ梅雨があけてもおかしくない今日この頃です。
大阪新卒応援ハローワークのブログを閲覧いただく皆さんは、風流に浸っている時間も惜しんで一日も早く就職を決めたい気持ちで毎日頑張っておられることでしょう。

就職活動は6月から解禁となり、早い方ではもう内定先を絞り込む方もおられるようです。

そこで内定先を絞り込む方も、これから応募企業を選出する方にも少し耳を傾けていただきたいことがあります。

それは、何を基準に職業や企業を選択するかというポイントについて。
ここからは社会人38年生の筆者のひとりごとです。

筆者は、これまで様々な仕事を経験して参りました。
そこそこ知名度ある企業から、わずか数名ほどの隣の受話器から声が漏れ聞こえる距離感の職場まで。転職回数は4回を数えます。

若いころは定年まで勤め上げることが正しくて、転職をましてや複数回経験するなど有ってはならず、履歴書を汚してしまった自分は社会不適合者ではないか?と悩むこともありました。

「なぜ転職したの?」と聞かれたら…
その答えは「新しい世界を見てみたい好奇心の一点で…。」が回答です。
振り返れば在籍した職場には大きな不満はなく、周りからは「もったいない事をしたね」という評価もあったに違いありません。

でも、その転職から得られた様々な経験と知識の積み重ねは素晴らしいキャリアとなりました。さらにそこで得られた人脈は転職しないと得られなかったと思います。


「就職」と「就社」の違いが話題になることが多い昨今。
個人的な見解ですが、一生を捧げる就職というものは、これからの生き方としては時代遅れの考え方なのかも知れません。

つまり、どんな仕事でもそこから得られるものを自分のキャリアと捉えるマインドさえ見失わなければ何が社会人のスタートであっても大丈夫です。

いつまでも採用時の条件で仕事が続くわけではありません。
日本型の人事は皆さんの雇用を守る一方で企業のベストな人材配置を優先します。
(※一部には専門性を極めていく職種もあります)

だから社会人のスタートの仕事を貴重な経験として積み重ねる気概が有りさえすればどんな仕事も素晴らしい就職になるのです。職業に貴賤はありません。すべてが社会に役立っているから「仕事」として存在するのです。

労働条件も未来の保証も気になるでしょうが、自分の気持ちを揺さぶる仕事を選ぶという基準があってもいいのではありませんか。
迷った時は大阪新卒応援ハローワークへお越しください。お待ちしております。

OGRIN

2017年7月14日金曜日

暑さ対策


皆さん、こんにちは!
7月も半ばということで本当に暑くなってきました。
この気温の中でスーツを着て就活するのは大変ですね。
それでは、夏場の就活を乗り切るためにどうすればいいのでしょうか?
私なりに考えてみました。

l  規則正しい生活をする、睡眠をきっちりとることが大切
l  水分をこまめに補給する
l  スーツの上着はギリギリまで着ない
l  首回りを冷やす
l  少し早めに着いてクーラーの効いている所で涼む
l  汗をかく前提で、予備のシャツ持って行く

考えてもこれくらいしか出てきませんので、対策としてはこんなところだと思います。
説明会や面接試験等で企業を訪問する際、まずは余裕のあるスケジュールを組み、
出来るだけ『爽やかに!』そして『涼しげに!』訪問するよう心掛けて下さい。
第一印象が大切ですよ!

梅田近辺で就活している際に、疲れたなー 暑いなー と感じたときは、
是非、大阪新卒応援ハローワークにお立ち寄り下さい。
ギンギンに(適度に)冷やしてお待ちしております。


A.K


2017年7月13日木曜日

もうすぐ発行

先日、某所で開催された「金魚と海のいきもの展」に行って来ました。
私、まんぼうにとって、心躍る空間、しあわせなひとときです。
つい、そこで衝動買いをしてしまいました。
金魚「水泡眼」のイヤリング。
以前、この金魚を飼っていました。
さすがに家でマンボウは飼えませんからね。

プクプクとしたのはリンパ液です。
背びれが無く泳ぐ姿はゆるキャラ系です。
就職活動で煮詰まっている方、このゆるい写真に癒されてください。

そして、3ヶ月ぶりに「学ハロ大阪新聞」がもうすぐ発行されます。
現在就活をしている方、これから始める方に向けた内容満載です。
大阪新卒応援ハローワークのホームページでチェックしてくださいね!


まんぼう


2017年7月12日水曜日

大きくなったら2

2017年6月ハローワークの大卒求人が公開されました。昨年に続き売り手市場なので、早々に内々定をもらった方も多くいらっしゃると思います。また、現在就職活動中の方もいらっしゃると思います。既に内々定をもらった方、そして今就職活動中の方も、幼稚園や小学校のころなりたいと思っていた仕事と同じでしょうか?

職業を決める理由は人それぞれあると思います。小さなとき、大きくなったらサッカー選手になりたい、お菓子を作る人になりたい、幼稚園の先生になりたい等々、みなさんは幼稚園や保育園などの幼少の頃に大きくなったら何になると言っていたか覚えていますか?
 息子は、幼稚園のころから数字が好きで、絵の中に意味もなく数字が書き込んでありました。もしかして意味があったのかもしれませんが、数字が好きでした。別に家で教えていたわけでもなく、数字に興味があったのでしょう。
小学校のころは、サッカー選手になりたいと言っていました。地域のFCクラブに、1年生から参加し、4年生からは小学校のサッカークラブに入部しました。でも、サッカーはあまり上手ではなかったのです。下手なりに、卒業するまでサッカークラブを時々サボりながらも続きました。
中学校では、バスケットクラブに所属しましたが、何かトラブルがあったのか退部しました。
勉強の方は、やはり理数系が得意でした。中学の夏休み、花火大会から帰宅中の車の中で、夜空を見上げあの星の面積を測りたいようなことを言っていました。「測りたい?」その発想をする長男に、そのような考え方もあるのかとその当時「ふ~ん」と思っていました。
まぁ、そのような息子なので算数・数学、化学・物理、いわゆる理数系は特に何もしなくても得意でした。大学は、物質科学を専攻して、結局研究職に就きました。
得意なことを活かして就職できたのですから世間から見ると「ええやないか~」かもしれません。


 就職してからは、研究職で成果を上げていたのですが、直属の上司と合わなかったのか、3月に四国へ転勤の辞令を告げられたので、会社を辞めて転職することを考えました。その理由は秋に3人目(2歳と4歳の子どもがいます)の子どもが産まれる予定、お嫁さんの就業場所は関西にあり、福利厚生もしっかりしている企業なので辞めるつもりはありません。そうなると単身赴任しかありません。会社に事情を話すと、引き留められしばらくの間同じ敷地内の子会社で勤務することになり、その上司は転勤になりました。

せっかく就職しても、仕事をする中で困ったことが起きたり悩んだりすることもあると思います。息子のように、働きだすと仕事を辞めたいと思うことがあると思います。
大学生が卒業後3年以内の離職率は約3割といわれています。おおよそ3割の方が会社を辞めているのです。
そんな時に誰かに相談すると、何かに気づき今辞めないほうがいいと考えるかもしれません。そんな時は私たちが相談にのります。
世の中のすべての人がなりたかった仕事に就いているわけではないでしょう。
その仕事に就くために勉強をしてなりたい仕事に就いた人も、そうでない人も、どちらにしても就職してからがスタートです。
そのスタートを探すために、大阪新卒応援ハローワークをぜひご利用してください。
応募先が決まっている人は、応募書類の書き方や添削、模擬面接の実施をしています。
応募先が決まっていない人は、学卒ジョブサポーターが相談して、自己分析やお仕事探しのお手伝いをします。

key